~すべての女性の美と健康のために~

からだに良いこと

からだに良いこと

a:57 t:1 y:0

  • 温める

既にみなさまご存知だと思いますが、温熱療法ともいいますよね(≧▽≦)

基本身体を温めて基礎体温も高い人は病気しにくいし、
ウイルス感染とか縁がないですね~(*^^*)

東洋医学でも「頭寒足熱」と言われるくらい
涼しくしておくのは頭くらい…

心臓から一番遠い足を温めることが大事です。

ぷらいまるでは、41度から42度の足湯器に最初に両足を浸けて頂き、
その後、片足は浸けたままで足の裏から膝上まで丁寧に揉んでいきます。

その後、30分から50分程、温石ベッドで表裏しっかり温めていきます。

ホルミシス効果のある小石が敷き詰められてる、あの阿保徹先生が
検証してくださりお墨付きいただいた温石ベッドです♪

温石ベッドで温めた後は足圧やリンパケアに進む方が多いです。

こうして全身温めて血液循環をよくして免疫力(自己治癒力)を高めていきます。

身体って血液の質と循環が良ければ大きな病気にはかからない!

だって誰が数えたのか知らないけど(笑)身体は60兆個の細胞で出来ていて、その細胞は血液から送られる栄養と酸素で動けてる。

栄養と酸素を受け取って細胞のお仕事が終われば老廃物が出てくる!

その処理はリンパの役目!

身体の隅々まで栄養と酸素を届ける役割をしているのは
身体の全血管の90%をしめてる毛細血管の役目!

足を揉んで、手を揉んで、身体中に栄養と酸素を行き届けることが出来、出てきた老廃物をリンパ管がちゃんと流してくれるっていう循環を良くすることで・・・なんと!
運気も上がって来るとか(*^▽^*)

まぁ循環の良い所は滞りがないからエネルギーも高くなるので一理あると思います。

めざすは「ピンピンコロリ♪」

元気で長生きして、人生楽しみましょうね(^_-)-☆

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional