~すべての女性の美と健康のために~

ケイ素

ケイ素

画像の説明

お得に購入できる用紙がありますので、ご希望の方へお渡しいたします。
(3カ月の定期購入される方へ50㍉1本プレゼント付き)

≪参 考≫

ケ イ 素 の 効 能

1.脂肪分解能力…ケイ素は体内に入ると優れた浸透力によって毛細血管に入り、血管内に蓄積された脂肪分を浄化排出する。中性脂肪を分解する力が強く、血管壁に付着したコレステロールや過酸化脂質を除去することで血流が改善する。

2.殺菌能力…ケイ素を含む温泉は多くはアルカリ性であり一週間以上放置してもそのお湯は腐敗せず、悪臭もしない。ケイ素が殺菌効果を発揮し、汚れもつかず、バスタブの洗浄も楽にできる。レジオネラ菌、大腸菌などを静菌作用がある。

3.人体に良い
ケイ素は動脈の壁の弾力性を維持する働きをしており、コレステロールが血管に付着することを防いで動脈硬化を予防します。動脈硬化が進行した人の動脈には健康な人の 14 分の 1 しかケイ素が含まれていない、という報告もある。
・ 細胞や血管を強化することにより、肝臓などの有害物質を処理する臓器や器官の機能を強化することによりアレルギー発生を抑制する働きがある。
・ 二日酔い解消(細胞活性によって二日酔い、悪酔いを解消。お酒に加えると瞬間熟成。)
・ 血液をサラサラの状態にすることにより、血管内のコーティング作用を持っているため、血液細胞は活性浄化されることにより、男性機能が向上する。
・ 髪が濃くなる・増える。ハゲ・白髪の原因は活性酸素による老化現象。頭皮を清潔にし、脂肪性物質を分解する必要がある。
・ 細胞賦活性(免疫を強化することにより疲れにくくなる)
・ 消炎作用(炎症を鎮める効果がある。しみ、虫さされ、水虫など)
・ 浸透力・ナノ化作用(化粧水に少し加えることに浸透性が良くなる。細胞に対する浸透性であり、水溶性ケイ素は 0.4 ナノという細かい分子であるため、細胞の中に速やかに浸透する。)
・ 遠赤外線(ケイ素は遠赤外線を出し、体を温める効果がある。)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional